僕はこんなことをしました、キャリアのデータ使いサービスである2
625円を、支払えば、2GBの通信が、通常の速度で動かせます。
通信制限を受けた場合、極端に速度が出なくなります。
ただの機械に成り下がってしまいます。
動画、ゲームは出来なくなります。
動画だけでなく、ツイッターなどの面倒になるんです。
まったくつかえません。
LTE回線は、月に7GBオーバーすると、回線のごたごたを避けることや、快適に利用するために、甚だしく、通信速度が遅くなる、ケースがあります。
LTEサービスを受けることで、パワーアップしたファイルの、扱うときは有効ですが、たくさんの人が、結構いるため、回線が混乱するので、どの会社も、月7GBという、使用できません。
出先で、ネットを使用しないのであれば、自宅では、ネット環境はwihiにすることによって、面倒な、通信制限を受けることなく、ネットの使用ができます。
ネットサーフィンでも危険はたくさんあり、油断は禁物。
画像の数がたくさんあるサイトは、データ通信量が多く、特に写真が多いページを、見て回るときは、注意しましょう。
7GBを超えてしまうと、データを通信する速度は、極端に低下してしまいます。
WEBページの閲覧でも、様々な危険分子があり、油断は禁物。
たくさんの画像があるWEBサイトは、通信量が多いんです、写真が主体のなるページを、覗くときは、しっかりと注意しましょう。
ゲームをする時も、著しく多くの通信量を、使います。
遊んでいるアプリのクオリティが、高ければ高いほど、情報量が上がり、重いデータを、食うことになります。
それなのに7GBを使い切る、受けた人にとって、直ぐに2GBなんて使い切ってしまいます。
ゲーム利用中に、「通信中」という表示です、または、必要以上に「ダウンロード中」と、多く、表示される、ゲームには注意しましょうデータ量をオーバーすると、極端に速度が出なくなります。
ほとんどの操作が遅くなります。
もちろん、動画なんて見れません。
SNSの利用もそうですが、読み込みが億劫になります。
これでは重いプラスチックの部品です。
そのような中、僕が、解決策をなんとか探し出した、通信速度制限の必勝対策方法を、編み出しました。
決められたデータ量を超えると、速度が、明確に落ちてしまいます。
データ容量の多い行為を知っていますか、データ量の多い動画閲覧や、データ量の多いダウンロードを積極的に行うと、7GBの容量を、オーバーしてしまい、ストレスのある通信制限にかかってしまいます。
通信制限という恐怖のルールがあります。
滞りなく使えていたインターネットが、ストレスフルな環境の陥ってしまいます。
知ってのとおり、docomoやauは翌月の1日に、通信の制限が解除されます。
ソフトバンクだけは、契約時の、締め日によって、制限の解除日が、3種あるんです。
スマホは今や生活必需品です。
ストレスフリーに、使用したいですよね。
1ヶ月に使用できる通信料を限られていますが、お得な方法を使って、節制することが大切です。
私たちの生活に密着しているのがスマートフォンです。
重圧を受けることなく自然に、使いたいですよね。
1ヶ月に使用出来ちゃう通信量を、お得な方法を使って、有意義に節約しましょう。
実は、docomoとauは翌月1日に、通信制限から解放されます。
ソフトバンクは自分の契約内容の締め日により、解除される日が、3種類あることに注目しましょう。
参考にしたサイト>>>>>WiMAXのバッテリーかんたん交換