ところがどっこい7GBを使い切る、使う人間にとって、2GBはソッコーで消費しちゃいます。

ゲームをする時も、莫大な通信量を、消費してしまうんです。

十分なクオリティで、ハイクオリティになるほど、情報量が上がり、重いデータを、扱うことになります。

7GBを超えてしまうと、通信の速度は、極端に低下してしまいます。

たかがWEBページ、されどWEBページ、注意して下さい。

特に、画像が多いサイトは、データ通信量が多く、写真メインのWEBサイトを、閲覧する時は、しっかりと注意して下さい。

LTEサービスをうけることで、高いポテンシャルをもった、大規模なファイルの、使用出来るようになりましたが、使用する人が、利用するため回線が混乱するので、各業者が、月7GBという、取り決めがされています。

LTEを説明して下さい、実は月7GBを越えると、mobile回線の混乱を避け、快適に利用するために、甚だしく、通信速度が遅くなる、ケースがあります。

7GBを超えてしまうと、通信速度は、はっきりと遅くなります。

私たちの生活に密着しているのがスマートフォンです。

気もちよく、使いたいものです。

1ヶ月に使用出来ちゃう通信量を、秘密の裏技を使用して、有効に賢く節約して下さい。

特にデータ量が多い、動画を見たり、データ量の多いダウンロードを積極的におこなうと、7GBを1ヶ月で、使ってしまい、通信制限に陥るロジックです。

WEBページの閲覧でも、さまざまな危険分子があり、油断は禁物。

特に、画像が多いサイトは、通信量が多く、写真がふんだんにあるサイトを、閲覧する時は、十分な注意が必要。

ゲーム中に、「通信中」と表示されるのは危険、さらに、とにかく「ダウンロード中」と、頻繁に出る、ゲームには注意して下さい通信の制限に、陥った場合、速度は一体、どのくらい、低速化するのか?あなたが気がかりなのは、確かめたいですよね。

そもそも、128kbってなんでしょうか。

口頭で言うよりも、実際に体験したほうが、身になります。

通信制限をうけた場合、ホントに速度が出なくなります。

動画の閲覧は勿論、ゲームも出来なくなります。

WEBの操作、ツイッターの呟きなど、ストレスになります。

嫌になりますね。

本当に……。

実は、docomoとauは翌月1日に、通信制限から解放されます。

ソフトバンクだけは、契約内容の、締め日によって、制限の解除日が、全部で3種類あります。

出先で、ネットサービスを、使用しないのだったら、家にいる時は、ネット接続をwihiにすることによって、通信制限は、ネットの使用ができます。

僕は、状況を打破する為に、勇敢になって対策を考え、通信速度制限の必勝対策方法を、お話します。

3大キャリアの2つ、docomoやauは翌月1日に、通信制限が解除されるようになっています。

ソフトバンクだけは、契約内容の、締め日によって、制限の解除日が、全部で3種類あります。

僕はこんなことをしました、2
625円でデータ量を、追加し、サクサクと2GBまでなら、正常に通信出来るようにしました。

ま、また通信制限か、これになると、滞りなく使えていたネットが、極端に速度が遅くなり、ネット使用が億劫になります。

参考サイト:wifiの持ち運びはソフトバンクのデータ端末?